プログラミングに役立つ情報をメモしています

iOSアプリ「宇宙防衛軍」(シューティングゲーム)

初めて作成したiPhoneのアプリをリリースしました。

2Dのシューティングゲームで、自分の戦闘機、戦艦のレベルをあげつつ、仲間の戦闘機とともに敵と戦っていくという内容です。元は携帯電話(S!アプリ、iアプリ)向けアプリの移植版です。

iPhone、iPadに対応しています。英語版あり。

iTunesのURL

日本語版

英語版

※アップルの審査期間について

審査に提出したのが9/2(月)で、審査が始まったのが9/15(日)、2時間ほどで審査通過。

スクリーンショット

宇宙防衛軍スクリーンショット

レビュー

APPLIION

レビュー

ユーザーから高い評価を頂き、嬉しい気持ちです。

開発について

Objective-C++とC++を使い、OpenGLのAPIを使ってネイティブアプリとして開発しました。

OpenGLを理解するためにスクラッチで作りましたが、正直、UnityやCocos2d-xなどのゲームエンジンを使ったほうが良いですね。

objフォーマットのファイルを読み込んで背景の地球、火星、太陽などをレンダリングしています。ゲーム中、少しずつ惑星を回転させています。

シューティングゲーム部分は、ほぼC++のみで記述しています。メモリ管理は参照カウンタ方式を採用し、自前で書いています。C++でのメモリ管理については、かなり勉強になりました。

ソースコードはGithubで公開しています。